ベーシック
IASTM認定資格セミナー

筋膜構造神経学 ―
【IASTM-Feather™】認定資格セミナー

IASTMセミナーの内容

IASTMは劇的な治療効果を持ちます。

当講座では「筋膜組織に対する深い理解」と「IASTMによる軟部組織-評価テクニック」「整形外科疾患/スポーツ障害を効果的に改善させるプロトコル」を学び、プロトコルに沿ったIASTMテクニックを習得します。   

関節可動域向上、疼痛抑制、機能不全部位の検知、動作パターンの改善、筋出力の改善等、科学的根拠の元、なぜそのような効果がみられるのかを理解し、即実践に生かせられるようなプログラムとなっています。 

IASTMとは?

IASTMとは、Instrument Assisted Soft Tissue Mobilization(器具支援軟部組織モビリゼーション)の頭文字で、米国を中心に世界中で人気が高まっています。、軟組織構造をマッサージ‐モビリゼーション、または活性化させるための器具またはツールです。IASTMの解釈にはばらつきがあり、一般的な組織の可動性を改善する技術から、軟部組織-細胞外マトリックスのリモデリングを誘発したり、神経学的反応を刺激して関節可動域に劇的な変化をもたらす技術にまで及びます。IASTMはの一般的解釈は瘢痕組織、および筋筋膜の制限を検出して解放するために使用される筋筋膜モビリゼーションの高度な形態です。IASTMは、ストレッチとコレクティブエクササイズとを組み合わせ、結合組織の機能を改善することを目的としています。ASTMのもう一つの特徴は、器具からの振動よって軟部組織の異常領域を特定することができる点です。器具を利用して、筋肉、腱、または筋膜の間の異常なクロスブリッジ結合を改善し、損傷した領域を最適な機能に戻すことができます。

なぜIASTMには認定が必要なのか

IASTMは、グラストンテクニックを起源に、その使用法、器具、および意味において進化してきました。IASTMのさまざまな側面とさまざまな複雑さを完全に理解していないと、業界内および医療専門家内で、使用するツール、取得するトレーニング、および期待される結果について混乱が生じます。専門家は現在、IASTMをプラスの効果を引き出すための身体への道具や器具の使用と認識しています。IASTMの意味は、技術を説明する頭字語から、独自の用語、器具、および評価技術を使用して手技療法全体を定義する名前に進化しました。この認定は、混乱を解消し、臨床でIASTMを使用するために利用できる最良の証拠を提供します。IASTM治療の知識と技術は、筋骨格系機能障害のある患者の治療を高確率で成功させるのに役立ちます。

IASTMの認定資格-コースの説明

EXAの「認定IASTM資格セミナー」を修了した参加者は、EXA™-(Educational association for the Exquisite Assessment™)によって授与される【EXA認定-IASTM-筋膜リリースプラクティショナー】認定証を取得します。

セミナー費用
¥66,000(税込)
【「IASTMツール-Feather™」+「収納アルミケース」「クリームケース」「クロス(40㎝×40㎝)」「認定証」「証書ファイル」】

直近開催日
開催日:12月11(日)10:30~17:30

「対面型セミナーIASTM-Feather™資格セミナー」

対面実技1日セミナーによる徒手療法の生体システムに対する生理学的機序とエビデンスベースのIASTMテクニックをカバーします。

当講座では、「筋膜組織に対する深い理解」と「IASTMによる軟部組織-評価テクニック」「整形外科疾患、スポーツ障害を効果的に改善させるプロトコル」を学び、プロトコルに沿ってIASTMテクニックを習得します。

セミナーを修了する事で得られる恩恵

IASTMは、即自的に関節可動域、疼痛、不定愁訴を軽減-改善させます。施術者の負担を減らすと同時に、クライアントとの信頼関係も向上します。その為、単価アップや顧客継続率上昇、顧客満足度上昇、に繋がります。 

コース修了にて、【IASTM器具-Feather™】【EXA認定「IASTMプラクティショナー」の資格証】【証書ファイル】をお渡し致します。 

こんな方にEXAの
「筋膜リリース資格講座」
がおすすめです

Feather™の特徴

Instrument-Assisted Soft Tissue Mobilization

『筋膜リリースアシストツール‐IASTM-Feather™』は、筋膜組織の制限-滑走不全を効果的に検知-改善します。影響を受けた組織への微小外傷によって開始された炎症反応は、線維芽細胞の増殖、コラーゲン合成、およびIASTM適用後の組織化されていないコラーゲン線維マトリックスのリモデリングの増加をもたらします。手術、固定、反復性外傷、慢性過緊張、または他のメカニズムの結果として発生した軟部組織細胞外マトリックス環境が適正化され、神経性のみならず、構造的機能回復が起こります。

【IASTM-Feather™】3つの効果

「疼痛」「関節可動域」を
高いレベルで改善させます

IASTM-Feather™を用いた軟部組織モビリゼーションは、阻血状態の脆弱性をもつ毛細血管を破壊し、リモデリングの機会を与えます。また、反射により疼痛閾値上昇させ短時間で神経筋の促通が可能です

軟部組織の異常カ所を
術者と患者に伝えます

Feather™のスキャニング技術を用いる事で異常部位を「振動」によって伝えます。高度な触診技術が無くても、問題部位の検出が可能となり、適切なアプローチと効果的な主訴改善の可能性を向上させます。

線維芽細胞活性化による
構造的変化を起こします

手技療法の多くは神経性反射による効果が見込めますが、継続時間は長くて24∼72時間と言われています。Feather™は、神経性反射による筋緊張改善と構造性変化による「戻り」を改善させます

こんなことが出来るようになります

現場で役立つ技術
肩や腰などの不調、関節可動域制限に対して、IASTMを使用してどこにアプローチすれば結果が出るのか、どのように施術すれば結果がでるのか、その基本が分かるようになります。
筋膜リリースセッション
60分の効果的で気持ちの良い筋膜リリースセッションが提供可能になります。IASTMでのリリースは効果が高いので、クライアントの満足度を向上にもつながります。
理学療法の基礎知識
【機能解剖学】や【痛みや凝りを改善させる為の理論と方法】【筋膜リリースの本質】【評価に沿った治療部位の理解】などの知識を習得して頂けます。
  • ついていけるか不安
  • 高いお金を出すのは怖い
  • 本当に習得できるか
  • 筋膜リリースをどこで学べばいいのかわからない

こんな不安を解消します!

◆当講座では、相場の約半額のコストで、IASTM認定資格の取得と現場で役立つ質の高い内容を習得して頂けます。
◆ ゼロからスタートをベースとしているので筋膜リリース初心者の方も安心して習得して頂けます。
◆ MMTなどの難しい検査なしで、【スクリーニングテスト】に沿ってアプローチすることでだれでも効果を感じていただくことが出来ます。

知識ある治せるセラピストへの第一歩を踏み出しましょう

 

講座内容

講座内容

1.   セミナーの全体像

概要

器具支援軟部組織モビリゼーション(IASTM)のエビデンスを元にした技術を通して、筋筋膜性疼痛症候群の改善、運動パフォーマンスの向上を深く理解します。IASTM-Feather™は、即効性のある治療効果を持ち、一つのツールで全身を網羅する設計です。スクリーニングテストとIASTMのみで、短時間で高い効果をもたらすことが可能となります。IASTMテクニックは、ストレッチングおよびコレクティブエクササイズと組み合わせて、患者ケアへの包括的なアプローチを提供します。

認定IASTM資格セミナーでは、筋筋膜性疼痛症候群の生理学、筋膜組織の生理解剖学、ISATMの科学的根拠を座学として学びます。

理論的背景の元、現段階での科学的根拠を元に、ご自身の技術にプラスして、IASTMトリートメントを自信を持って提供可能となります。
このセミナーでは、あらゆるレベルの経験、知識を持つセラピスト、学生を対象としています。

2. 構造性-筋筋膜機能不全の見極め

コース受講のメリット

このコースの後、参加者は次のことができるようになります。

筋膜の解剖学、生理学、神経学を理解し、統合します。文献内でIASTMの理論と科学を認識して説明する皮膚内のさまざまな機械受容器の位置と機能を学び、動作との機能的な関係を理解します。動作のスクリーニング技術を学び、欠陥のある動作パターンを特定し、適切なIASTM技術をこれらのパターンに一致して提供出来るようになります。動作パターン改変の為の運動学習理論を理解し、実践に生かせるようになります。

IASTMを通した皮膚/筋膜のスキャニング技術を理解し、結合組織の滑走と機能不全を感知出来るようになります。スクリーニングテストの評価結果とIASTMのスキャニングテクニックとの一致性を上肢と下肢および体幹で照らし合わせ、テストの有用性を理解する事ができるようになります。患者の不快感、疼痛、凝り感を高いレベルで抑制出来るようになり、構造性変化による軟部組織の機能不全を代償性か、それとも患部自体に問題があるのかを評価出来るようになります。

3. 生理学の理解

コースの目的

筋筋膜性疼痛症候群の患者に発生する、生体力学的、化学的、および神経血管の変化を含む疼痛生理学について学びます。
筋筋膜性疼痛症候群を理解して統合します。
筋膜システムの神経解剖学を学びます
欠陥のある運動パターンを特定するための運動スクリーニング技術を習得します
IASTMの現在の最良の証拠理論と科学を学びます
運動の質を改善するために、IASTMテクニックを実践します。
即時にROMの改善をもたらすIASTMテクニックを実践します。

4. 結果が出せる 
ー スクリーニングテスト&IASTM ー

習得内容(評価法&IASTM)

運動制御の原理-モビリティとモーターコントロール
器具支援技術の機械的/神経学的効果 
機能改善にかかる期間ー運動学習理論
筋膜の解剖学/生理学
誤った運動パターンに関連する一般的な問題
動作パターンの修正方法
治療ベクトル‐治療ストローク
数種類のストロークテクニック
応用テクニック(筋紡錘-自由神経終末低閾値受容器-分節的随意収縮-動作パターンの改変、滑走性-伸張性)

認定資格

EXA-IASTM-Feather™認定プラクティショナー

対象者

  • 若手理学療法士、看護師、柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師などの医療国家資格者
  • 整体師、カイロプラクター、オステオパス、ロルファー
  • ヨガ/ピラティスなどのインストラクター、スポーツトレーナー

当講座は、学生、新米セラピストの方々もご理解いただきやすい内容となっております。ベテランセラピストの方もIASTMの効果に驚かれる事と思います。
※「ロルフィング10シリーズのレシピ」を提供するものではありません。また、「ロルフィング」を修了したものにはなりません。

受講料

1日完結  受講料 66,000円(60,000円+10%税)

開催日時を確認

 

講座概要

開催地 埼玉県さいたま市浦和区木崎2-29-12
事前準備 特にありません。
機能解剖学の基礎知識があるとよりスムーズに学んで頂けます。
持ち物 ・ノートパソコン
・電源コード/電源アダプタ(又はバッテリ)
・メールアドレス
お支払い ■現金払い
■銀行振り込み